iPadのメールアプリはSparkが良い

iPadOSやiOSは標準のアプリが品質高いですよね。

サイト見るにはSafariで良いし、スケジュール管理やTodo管理も標準の予定表やリマインダーで十分事が足りてます。

ただ、メールアプリだけは標準のメールは厳しいです。何が厳しいってメールの振り分けが出来ない。

メールの量って日増しに増えてきますが、大事なメール以外も沢山来るので、メールの振り分けがどうしても必要になります。

今回、標準のメールアプリより便利なメールアプリ「Spark」をご紹介します。

良いところ

1.自動でメールを振り分け

自分がSparkを使っている理由はこの振り分け機能があるからです。この振り分け機能を使うと作成したフォルダに指定したメールだけが溜まっていくのでメールがとても整理されます。

設定はとても簡単に行えます。

画面左下の設定からスマートフォルダー追加を押すと設定が出来る
名前に振り分け先のフォルダ名を任意に入力
振り分けたいメールのキーワードを入れると候補がリストアップ
振り分け完了
2.手動の振り分けもラク

全て設定しなくてもその場で個々のメールを振り分けることも出来ます。その方法がとても簡単で、メールに対して左右にスライドするだけです。

スライドする浅くスライドするか、深くスライドするかで振り分け先を選べます。右にスライドか左にスライドかでも振り分け先を選べるので合計4パターンの振り分けが選択出来ます。

手動の振り分け

残念なところ

唯一残念なのが、振り分けをしても通常の既読フォルダにメールが残ることです。振り分けたメールが移動されるというイメージでは無いので、自動振り分けを設定しても既読フォルダにはメールが残り続けます。

以上

いかがでしたでしょうか?

メールの振り分けのために使い始めたSparkですが、今回紹介した機能以外にも、メールの新規設定が簡単に出来たり、定型のメールを事前に作成出来たりと便利な機能が揃っていますので、おすすめのアプリです。iPadやiPhoneでメールを使う人の参考になればと思います。

ご参考までに個別の紹介記事はこちら↓

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です