書籍 おすすめ「さあ、才能に目覚めよう」

自分の向いていることを理解することは、自分のキャリアを形成する上でとても役立つ情報だと思います。人間は不得意なことを改善するより得意なことを伸ばす方が精神的にも効率的にも良いと思いますので。

今回ご紹介する本はそんな自分に向いていることを理解するキッカケを与えてくれることに役立つ本です。

この本の内容

この本はWEBでサービス展開しているストレングスファインダー2.0という自分の得意な分野を診断するための本です。

診断はWEBで行うので、本の内容は実はスカスカで、サービスを受けるログインIDが本に付与されるので、それを購入していることに近いです。

そのため、IDが使用済みとなっている様な中古でこの本を購入してもあまり意味が無いです。

本の構成としては、前半にストレングスファインダー2.0の概要が記載されています。ストレングスファインダー2.0は34のスキルに分けていて、どのスキルに本人が向いているかを診断するのですが、後半は34の各々スキルのリファレンスになっています。

34に分類されたスキルから診断

34に分かれているスキルは、4つのグループに分類されています。WEB上で診断を受けることで、診断結果のレポートを受け取ることが出来ます。自分がどのスキルが向いているかが分かり、そのスキルをどのように活かしていくかというイメージを持たせてくれます。

詳細のレポートを確認出来る

上記診断結果は自分の診断なのですが、この例では人間関係構築力のグループが1番適していて、その中でも適応性というスキルが高いみたいです。そのため人とアドリブでやりとりするような場面が多い仕事の方が向いているのかな?と考えたりするきっかけになります。

以上

いかがでしたでしょうか?

その中で自分の潜在的に向いている分野と意識して向いていると思う分野、そして好きな分野を会話してキャリアパスに役立てています。

ちなみに自分は自社の社員全員分を購入して各自に実施してもらいました。

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です