リモートツール“Zoom”の初め方

コロナによる先行き不透明感はいまだなくならず、益々自宅での時間が増えていますよね。

今までのように買い物、習い事などフットワーク軽く動くことができないため、縁の無かったオンラインいわゆるリモート活動をチャレンジする人が増加中。

そこで今回は巷で有名なZoomを初めて使う人向けにご紹介します。

Zoomとは

Zoomは、パソコンやススマホを使って、セミナーやミーティングなどをオンラインで開催するために開発されたアプリです。

無料版と有料版があります。

無料版は、

・1対1の場合時間は無制限。しかし一人加わって3人になった時点から40分で終了となる。

・主催者を含み100人まで参加可能。

有料版は、

・時間に制限はなく、100人つないで時間を気にすることなくミーティングが可能。

・ホストを含んで、100人まで接続することができ、追加オプションで500人まで増員できる。

他にも細かい違いはありますが、シンプルに誰かとつないで話すだけ、短時間のミーティングに参加する側としては特に問題はありません。

早速試してみよう!

いざやってみよう!といったものの、パソコンでした方がいいのか、スマホの方がいいのかさえも迷ってしまいます。そこでそれぞれの使い方を簡単にご説明します。

◇パソコンでZoomを使用する場合◇

①主催となる人から送られてくるパスワード付きURLをクリックする。

自動的にZoomアプリがダウンロードされます

②そのファイルをクリックし、インストール。「コンピューターでオーディオに参加」というボタンがでます。そちらをクリック。

◇スマホでZoomを使用する場合◇

①Zoomアプリをインストール(Zoom Cloud Meetings)

②主催者から送られてきたパスワード付きURLをクリック。次にミーティングに参加をクリックし送られてきたIDとパスワードを入力。

どちらも細かい登録などがなく簡単ですね。

自分が主催となり何か行う場合は「個人ミーティングID」を相手に知らせて開始することができます。

最低限の使い方マニュアル

ようやくZoom相手も見つかりいざ始めてみるとなると、どうやって話すの、どこから相手の声が聞こえるの?などと不安になるという方もいます。

まずZoomをつなげたら相手に自分の声が聞こえるように、「ミュートの解除」をしましょう。

ミュートとは、「音を出さない」という意味。相手とコミュニケーションをとりたい場合はこちらを解除します。

次に自分の顔が相手に見えるように、「ビデオの開始」をクリックしオンにします。

どちらの作業が先でも構いません。

これでひとまず、相手と顔をみて話すことができます。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

リモートツールは日々新しものがでてきています。どれが良いのか、どういう時にどれをつかったらいいのかなど使い分けができると上級者ですね。続編としてほかのツールとの比較も紹介できればと思います。

オンラインの世界では習い事も進化しており、自宅でヨガ教室などもあるそうです。お支払いもその場できるそうです。いろいろ進化しています。

時代の変化に乗り遅れないように、自分にあったリモートツールを探してみてはいかがでしょうか。

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です