リーズナブルな価格でITを社内に導入する方法

IT時代の波に乗り遅れていませんか?

現在IT技術の発達により経営方法が多くの会社で見直されています。

        

参照:https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H30/h30/html/b2_4_4_2.html

     

新型コロナウイルスなどの影響もあり、経営が難しくなった大企業の多くは

既に雇用にかかる費用をIT技術を用いて削減しています。

今このような経済状況だからこそ、

IT技術を取り入れた会社の経営方法を見直す必要があるのではないでしょうか。

IT秘書サービスを活用することでリーズナブルにITを社内に導入することができる

IT秘書サービスを運営する私たち株式会社ウイズは

エンジニアを中心とした会社です。

私たちはIT秘書を通して中小企業のITを活用した経営をサポートしていきます。

多くの中小企業の経営者は

このような問題に日々頭を悩ませているかと思います。

  • 他の業務のせいで経営者が本来やるべき仕事に時間を割くことができない
  • 新型コロナウイルスや災害が起こることを考え、労働者の労働方法を改善したい
  • 採用にかかる費用を抑えたい
  • 会社の業務内容に関するノウハウを残せるような仕組みを作りたい

このような問題を解決するためには、多くの労働者を雇うか、

ITに強いエンジニアを雇ってシステムなどを作り

業務の自動化を進める事が選択肢として挙げられます。

しかしながら、労働者を多く雇うのもエンジニアを雇うのも多額の費用がかかり、

多くの中小企業は雇用に多額の費用を費やすことが難しく、

未だ社内でIT技術をうまく活用できていない企業も多く見受けられます。

IT秘書サービスなら、エンジニアを雇う場合に比べて

かなり格安に社内にITサービスを導入することが可能です。

私たちは中小企業の経営者の多くがリーズナブルな価格でIT技術を

経営に導入したいと考えている事に気がつきIT秘書サービスを立ち上げました。

IT秘書サービス内容

IT秘書サービスとは企業様のビジネス内容を理解しながら、

ITを使ってより良い運営を進めていくサービスです。

具体的には次のようなサポートを行います。

  • 日常的な業務の自動化をサポート
  • 会社のテレワーク化をサポート
  • 会社のクラウド化をサポート
  • 会社のグループウェア化をサポート

日常的な業務の自動化をサポート

IT秘書を雇い、エクセルの表計算ファイルを自動化するマクロ開発をしてもらうことで

日常的に行なっている業務を自動化して、会社の作業効率を向上させることができます。

そのほかにも既に会社で利用しているいくつかのソフトウェアを連携させる事により

作業効率を格段に挙げられる場合もあります。

実施例

会社のテレワーク化のサポート

業務内容でテレワーク化できる業務を全国の在宅ワーカーに依頼する事で、

交通費を削減したりすることができ雇用にかかる費用を大幅に削減することができます。

実施例:

会社のクラウド化をサポート

会社内でサーバーを構築してシステムを保持している場合に

サーバーの管理と運営のために技術者を配置するケースがありますが、

インターネットを通じた外部のクラウドサービスを利用することで、

サーバー管理・運営を行う技術者の稼働を減らすことで

雇用コストを削減できるケースがあります。

実施例:

会社のグループウェア化をサポート

社内のコミュニケーションをメールからグループウェア化することで、

情報やファイルの共有が容易になり、作業効率を格段にあげることができます。

業務内容に関する情報も記録として残すことができるので、

その業務を担当していた優秀な社員が辞めてしまうという場合でも、

会社に仕事のノウハウを残すことができます。

実施例:

ITに関する質問対応ができる

他社にシステムの開発などを依頼すると、多額の費用がかかってしまう。

自社だけで開発しようとすると

想定外のエラーやそのエラーの解決に時間がかかってしまう。

身近にITの相談をすることができるIT秘書がいれば

このジレンマを解消することができます。

IT秘書サービスプラン

プランには2種類あります。

webミーティングやメール質問の上限回数に違いがあります。

二つのプランの中の特に大きな違いはシステム支援の有無です。

システム支援ではエンジニアの手を借りて自動化ツールの開発や

新しく導入したリモートワークやグループウェアを

社内に浸透させるためのマニュアルの開発を行います。

システム支援の実施例

Excelマクロ開発

利用している表計算を自動化して作業効率をあげることができます。

・ホームページのメンテナンス

ホームページの古い記事を更新したり、

ページのデザインを変えてサイトに動きをつけることができます。

シェルスクリプト開発

テキストファイルの加工や、

特定のアプリケーションを自動実行などの業務に合わせた自動化を行うことができます。

マニュアル作成

グループウェアやリモート通話の導入などを

社内に浸透させるためのわかりやすいマニュアルを作成します。

IT秘書サービスの流れ

はじめに無料診断による方向性や改善点を検討します。

その後サービス開始に伴い実施計画を提案させていただきます。

その計画に沿って検証・提案・開発・修正を繰り返し、IT運用をサポートしていきます。

PDCAサイクルによる確実な成果

PLAN・DO・ACTION・CHECKNO四段階のプロセスで確実な成果が期待できます。

1.PLAN

・企業様のビジネス内容に適切なご提案書を作成します。

・ご提案書を見直し、定期的にバージョンアップします。

2.DO

・定期的なwebミーティングでITに関するご相談や、情報提携を行います。

・必要に応じて月4時間程度のプログラム開発またはアプリケーション設定を行います。

(※スタンダートプランのみ対象になります)

3. CHECK

・webミーティングでご提案書に沿った運用が

 スムーズに推進されるように問題点や改善点を確認します。

  

4. ACTION

・環境の変化や企業方針の変化に合わせて、定期的にご提案書を見直します

終わりに

以上がIT秘書サービスの説明になります。

ITを社内に導入したい。でもエンジニアを雇うような費用が確保できない。

という問題を抱えている経営者の方からの連絡をお待ちしております。

無料診断も可能なので、IT秘書サービスのご利用をご検討の経営者様は

一度無料カウンセリングを受けることをお勧めします。

IT秘書サービスについての質問がありましたらこちらから気軽にご相談ください。

ご精読ありがとうございました。

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です