リモート決済ツールを試してみよう!

こんにちは。いきなりですが、リモート決済していますか?

友人と食事に行くと友人は「PayPayで」と言ってQRコードを読み取ってもらい支払いをスマートに完了しています。

自分はそれを横目に見ているだけですが、支払いをする側としても請求をする側としても便利そうなので、これを機に試そうと思います。

今更ですがPayPayとは

ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営しています。

おサイフを持ち歩かなくてもスマホひとつで簡単に支払いができるサービス。PayPayアプリへの登録は無料ですが、アプリ利用時の通信料金は発生します。

PayPayに対応しているお店で、現金ではなくモバイルSuicaなどのように、スマホ端末がおサイフケータイの機能に対応している必要はなく、スマホにインストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済ができます。

引用元:PayPay公式サイト

PayPayの特徴

【支払いが簡単】

引用元:PayPay公式サイト

QRコードをお店で見せる。またはお店のQRコードをスキャンして支払うことができます。割り勘も出来ます(こちらは後ほど、ご紹介します)

【買い物でボーナスが貯まる】

ボーナスには2種類あります。

一つ目は「PayPayボーナス」

毎月定期的に開催される「ワクワクペイペイ」などのキャンペーン時に高還元率が設定されている店舗があり、その店舗にて支払決済を行うと「PayPayボーナス」が付与されます。

この時受け取った後のポイントを「PayPayボーナス」といいます。今までキャンペーン後に付与されていた「PayPayボーナス」は2年間の有効期限が設定されていましたが、現在は有効期限が撤廃されました。

二つ目は「PayPayボーナスライト」

「PayPayボーナスミニ」から名称変更したもので、こちらも特典やキャンペーンへの参加によって付与されるポイントです。

ただし「PayPayボーナスライト」の使用期限は付与日から60日とされており、付与されてから使用せずに60日経過してしまうと、消滅してしまいます。

しかし複数の種類の残高を所持していても支払い時に優先して使用されるのは、PayPayボーナスライトとなるそうなのでPayPayを定期的に使用していれば問題はなさそうです。

【口座からのチャージだけでなく、現金チャージも可能】

チャージは銀行口座やクレジットカードを登録。または、セブン銀行のATMから現金チャージも可能です。

【オークションの売上をチャージ可能】

ヤフオク出店の売上金をチャージすることも可能だそうです。

【ユーザー間の送金が可能】

PayPayユーザー同士でお金を送金し合うことができます。

たとえばお会計で割り勘する際にも、金額を入力して相手のバーコードを読み取るだけで完了です。一円単位で送金できます。

送金の際必要なものは「送金する人の電話番号もしくは相手のQRコード」と「送金する分のチャージ」です。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

ひとまずPayPayとはどういったツールなのかを調べてみました。

いろいろなキャンペーンも実施しているようで、遊び心をくすぐるところがありそうです。支払い時の割り勘もでき、手持ちの現金がない時には便利です。

次回は実際登録し、その方法をお伝えします。支払いだけでなく、請求ができる点も併せてお伝えしたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です