AirTable 項目説明(基本編2)

便利なAirTableを使いこなそう

今回はAirtableの項目のご紹介の後半をやっていこうと思います。項目の説明(基本編2)

前回の記事をまだご覧になっていない方は、項目紹介の前半の記事を先に読んでおくと最初のデータベースを作るところから説明しているのでわかりやすいと思います。

ご参考に基本的な使い方の記事は以下のリンクです。

では早速本題に入りましょう!

・シングルボタン

シングルボタンは、エクセルでいうところのプルダウンから選択と同じことができます。

まずは、プルダウンから『Single select』を選択します。

次に、仮に項目名を担当者とします。

そして、下のAdd an optionで担当者になりうる名前を追加します。

下の画像のように追加されていきます。

これで保存をしてシートに戻ると、プルダウンが出てくるのでそこから担当者の名前を一人選ぶことができます。

これが『セレクトボタン』という項目を使用したいときの作成方法です。

・マルチボタン

マルチボタンはシングルボタンと使い方は一緒です。

シングルボタンでは1つしか選択できないのに対し、マルチボタンは複数選択することができます。

まず、『Multiple select』を選択します。

あとは、シングルボタンの時と同様に名前を追加し、保存します。

そしてシートに戻り、名前を選ぶとプラスのマークがでてくるのでここでもう複数人選択することができます。

このように1つのセルに複数選択されます。
これが『マルチセレクト』という項目を使用したいときの作成方法です。

・チェックボックス

続いてはチェックボックスの使い方についてです。

これはその名の通りで、例えばタスクが終了したものにチェックをするときなどに使えます。

まずは『Checkbox』を選択します。

ここでチェックマークのスタイルが選べますがデフォルトのスタイル以外は課金が必要になります。

あとはシートに戻って、チェックを入れたいセルにチェックをいれるだけです。

これが『チェックボックス』という項目を使用したいときの作成方法です。

・添付ファイル

添付ファイルはメールのように画像や文書、リンクのほかに現在主流のSNSのページもアイコン一つで添付することができます。

この項目は『Attachment』を選択し、Saveするだけで作成完了です。

データベース上にプラスのボタンがでてくるのでこれを押下します。
すると、このように添付できる様々なアイコンが出てくるので添付したい形式のアイコンを選択します。

これが『添付ファイル』という項目を使用したいときの作成方法です。

おわり

いかがでしたか?今回ご紹介したのもビジネスシーンでは非常によく使われる機能ばかりですよね。

特にチェックボタンやプルダウンなんかはエクセルで作ろうとすると作り方を調べるところからという方も多いのではないでしょうか。

それがAirtableなら選択するだけなのでとても簡単です。

あまりパソコンが得意ではない方でもすぐに使えるようになるのではないでしょうか?

パソコン初心者の方から日々よくエクセルやデータべースを扱うようなビジネスマンまで幅広い層が使いやすいのがいいところですよね。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です