Spark メールの振り分けの注意点

Sparkはメールの振り分けが簡単にできるアプリ

タブレットやスマホの高性能メールアプリ「Spark」。このメールアプリを利用すると他のメールアプリは一切使わなくなる位、完成度の高いアプリです。

ただ、標準のiPhoneのメールアプリだと振り分け機能が弱かったりするので、標準のメールアプリより格段に便利。ただ、そのメールの振り分け機能も含めて、利用する上での注意点もあります。今回はその注意点を紹介します。

メールの振り分けの注意点を押さえる

Sparkはとても便利な分設定内容が色々あります。例えばメールの振り分け機能もSparkの便利な機能の一つだと言えます。

この辺の設定を無闇にすると余計メールの管理が煩雑になったり、逆にオペレーションが増えてしまう場合もあるため、注意点を押さえた上で色々な機能を設定した方が便利に使えるためです。

知っておいた方が良い注意点

その① メールアドレス設定での注意点

Sparkのメールアドレスの設定はとても簡単に行えます。Sparkの基本的な紹介は以下の記事を参考にしてください。

メールアドレスとパスワードだけ入力すればすぐにメールが利用できるようになります。ただ、その際にメールの設定はIMAP方式が自動的に適用されることを理解しておいた方が良いです。

IMAP方式とは簡単に説明すると受信するメールのデータを端末にダウンロードしないで、サーバに存在し続けるメールの情報を参照するだけというものになります。

これとは反対にPOP3方式を行うとメールの情報が端末にダウンロードされます。

SparkはIMAP方式で設定されることを理解していないと、以下のような問題が出る可能性があります。

その② Sparkアプリのみでメールを受信する場合

メールの受信をパソコンなど他の端末と併用せずSparkだけで行う場合、IMAP方式のみでメールを読み取るため、何もしないとメールボックスにメールが溜まり続けることになります。

レンタルサーバサービスを利用してたメールアドレス等多くのメールアドレスではメールボックスの利用できる容量の上限が決まっていたりまします。

そのため、メールを受信しているので、メールボックスの情報は溜まらないと勘違いしているとメールボックスの容量制限を超えてしまい、突然メールが受信できなくなる場合があります。

その③ Sparkアプリと他の端末との併用

他の端末で同じメールアドレスでPOP3で受信した場合に、Sparkの既読済みメールが急に消える場合があります。

これは、パソコン等で同じメールアドレスを併用している場合に発生する可能性があります。

例えば、Sparkのメール受信をした際にチェックしたメールは「既読済み」振り分けられます。この状態は未だ端末にはメール情報は存在していなく、あくまでメールの情報はサーバのメールボックスだけに存在しています。

POP3方式はサーバのメールボックスを受信した際にメールボックスのメール情報を削除する設定になっいると、パソコンでメールを受信した後にSparkの既読フォルダのメールが全て消えます。

その④ メールの振り分け設定をする上での注意点

メールの振り分けをする際に、迷惑メールや読まないメールマガジンなど、既読フォルダから外すイメージでメールの振り分けフォルダを用意して振り分ける使い方をしようとすると上手くいかないと思います。

何故かと振り分けをしても振り分けたメールが既読フォルダから移動するわけでは無いので、既読フォルダにはメールは残り続けます。

そして既読フォルダは上述「メールアドレス設定での注意点」に記載した通り、端末に残らないメールとなります。既読フォルダでない、独自の振り分け用に作成したフォルダに振り分けたメールは端末に受信したメールとなります。

そのため、既読フォルダをメインのフォルダとして利用する用に考えて、メールの振り分けフォルダを作っていくのでなく、迷惑メールが含まれないメインの振り分けフォルダを新規に作っていくという形でメールの振り分けフォルダを作っていく方が利用がしやすくなります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。タブレットやスマホの高性能メールアプリ「Spark」。メールの振り分け設定をする際に注意点を把握して設定していくと、とても便利に利用できますのでご参考になれば幸いです。

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です