経営者とは?個人事業主との違いから経営改善を図る

「経営者」と一言で言っても大企業の経営者から、中小企業の経営者、1人で会社を運営する経営者などその形態は様々です。

その中でも中小企業や少数精鋭で経営を行う経営者は、近年個人事業主としての役割も強いられています。業務が多すぎて、本来経営者が行うべき業務に時間をさけていない。そのような中小企業の経営者は少なくありません。

大切なのは、経営者と個人事業主の行うべき業務の違いを理解し、経営者は自分のやるべきことに集中するための仕組みやシステムを取り入れることです。

この記事で、経営者と個人事業主の違いについて理解を深め、経営での作業効率を上げるための参考にしてみてください。

    

経営者と個人事業主の違いは?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4583FB4E-2011-4229-A734-413C46F31488-1024x683.jpeg

個人事業主とは?

個人事業主とは、法人を設立せずに個人で事業を営んでいる人のことを指します。個人事業主に含まれるフリーランスと呼ばれる職種が最近増加していますが、フリーランスとは、特定の企業や団体との雇用関係を持たずに、個人として独立し、仕事を請け負う働き方をしている人のことを指します。個人事業主との違いは、「開業届」を提出したかどうかです。

開業届を提出して独立→個人事業主  開業届を提出せずに独立→フリーランス

このような形で覚えておくとわかりやすいと思います。

個人事業主のメリット

手続きが簡単で、低コスト

個人事業は法人設立に比べて、開業手続きが簡単なことがメリットとして挙げられます。税務署や各都道府県の税事務所、市町村に開業届を提出すればすぐに開業できます。また、法人設立に比べると低コストで始められるということもメリットとして挙げられます。

税務申告が難しくない

個人事業主の場合、年に一回所得税額を計算する確定申告が必要になりますが、この計算や書類作成は、確定申告ソフトを使えば手軽に誰でも行うことができます。

一定の所得までは法人に比べると個人事業主の方が税金が少なくなる

個人事業では所得税、法人では法人税の支払いの義務がありますが、利益が少ないうちは、法人よりも個人事業主の方が税金が少なくなります。事業が軌道に乗るまでの間は個人事業主として経営し、利益が増えてきたら法人化する人も少なくありません。

個人事業主のデメリット

社会的信用度が低い

個人事業主は、簡単・低コストに開業できるため、法人に比べると、社会的な信用度が低い傾向にあります。

人材の採用が難しくなる

人材を募集する際に、個人事業は法人に比べて人が集まりにくいことがあります。これは、安定した雇用を求める人が多いためだと考えられています。

利益が増えると税負担が重くなる

先ほどのメリットの逆で、個人事業主は利益が増えれば増えるほど税率が高く控除が少なくなります。

法人に比べ必要経費として認められる幅が狭く、利益が増えれば増えるほど、税率が上がっていきます。高収入の個人事業主は、収入の半分が税金として徴収されてしまうこともあります。

これで、個人事業主のメリットやデメリットがわかったかと思います。そこまで大きい規模の経営を行っていない個人事業主は、確定申告のソフトや会計・簿記のソフトを使うことで単純な業務を削減し、自分が行うべき業務に時間を当てる工夫を行うことができます。

次に経営者について説明します。

経営者とは?

経営者とは、簡単にいうと、会社の経営に責任を持つ人のことを指します。

経営者には法人、個人事業主問わず、1人経営者という形態も存在するため、知られていないだけで世の中に意外と多くいるのがこの経営者です。

大企業の経営者は、経営の規模が大きいため、業務も膨大にありますが、多くの業務があっても業務を細分化し、アルバイトを雇うことで解決することができます。

それとは対照的なのは、中小企業の経営者。中小企業の経営者は、経営者という立場でありながら、個人事業主の延長で自分で労働を課してしまっていることがよくあります。

これは、中小企業の経営者が、人を採用するより自分で労働する方が賃金が発生しないことで、節約しているという感覚があるためです。

しかし、ここで注意しなければいけないことは、経営者の業務を時給換算した時に損していないかどうかということです。

例えば、4時間で終わる作業があったとします。

   

それをAのプランでは人(時給1200円で外注)に依頼。Bのプランでは経営者自らが行なったとします。(経営者自らの給料を時給を1時間換算し4000円だと仮定)

    

Aのプランでは4時間の作業にかかる費用は1200×4=4800円なのに対し、Bのプランでは経営者自らが行うことで、本来1200円で行えるはずの業務を4000円の費用で行うことになるので、実質1時間ごとに2800円の損失が出ていることになります。

     

このような動きが多かれ少なかれ中小企業の経営者に発生してしまうのは、結果を出すための人材を育てるのが容易ではないという現実があるからです。

     

人材を育成するためには多大なコストがかかるため、中小企業には負担が大きすぎます。そのため、中小企業にオススメの方法としては、色々な要因を適材に配置して仕事を進めることができるIT秘書サービスのような業務補助サービスです。

    

IT秘書サービスで人件費を削減し、社内の業務効率化を促進

IT秘書サービスなら、月額7万円でExcelマクロを用いたデータの管理・運用業務、請求書や帳簿記入など、幅広い業務を高速かつ正確に行うことができます。

これらの業務を中小企業でアルバイトを雇って行うとなると多くの人手が必要になりますが、IT秘書サービスの業務自動化できるシステム支援を導入することで、人件費を大幅に削減することが可能になります。

アルバイトを6人雇って簡単な単純作業をこなしてもらうよりも、雇うアルバイトの数を半分にして、IT秘書サービスのシステムを導入し業務を効率化した方が費用を削減できるため、結果的に経営がうまくいきます。

           

About Author


じょうくん

2004年にシステム開発会社を設立。 引き続き、小さなシステム会社の社長として奮闘中。 Apple好き。鉄拳好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です